top of page

5月26日に大阪アミューズメントメディア専門学校でインディーゲーム開発もくもく会を開催しました。

5月26日に大阪アミューズメントメディア専門学校でインディーゲーム開発もくもく会を開催しました。


インディーゲーム開発もくもく会とは?

もくもく会は、集中してゲーム開発を進めるための集まりで、ゲームパビリオンjpでは関西圏で年に複数回開催しています。参加者は自身のゲーム開発に取り組み、基本的には静かに集中して作業に取り組みます。

これは、別でインディーゲーム開発交流会を開催していることもあり、開発に集中することが狙いになっています。


会場は学校やゲーム会社を借りています

会場は、専門学校やゲーム会社の会議室を借りて開催することが多く、様々な参加者が自身のゲーム開発に取り組みます。


機材は持ち込み

開発するための機材は持ち込みをお願いしており、ノートパソコンを持参する方が多いです。自宅や自社で使用するデスクトップと開発環境が変わってしまうこともあるため、環境構築には注意を払う必要もあります。


次回も開催予定

次回も開催予定ですので、興味のある方はご参加ください。開催情報はサイトなどで告知します。




閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ゲームパビリオンjp、7月の定期交流会のご案内

7月13日に大阪でゲーム開発者交流会を開催します。 ゲームパビリオンjp準備会は大阪でゲーム開発者交流会を開催します。 ゲーム開発者交流会とは? ゲーム開発者交流会は、開発者同志の交流を図るためのもので最初にどんなゲームを作っているのか自己紹介をしていただき、その後歓談をします。 13時~17時と聞くと長いように思いますが、参加人数によっては13時~14時くらいまで自己紹介が行われ、3時間程度はあ

緊急募集

出展者の急なキャンセルがありスペースの中に机1つ(幅180cm 奥行45cm 高さ70cm)に空白ができてしまいました。 開催直前ですが今から出展してみたいサークルがおられましたらチャットでメッセージをお送りください。周囲はノベルゲーム、美少女系が多いです。 概要 机1つ(幅180cm 奥行45cm 高さ70cm)と椅子2つ 料金14000円 申し込み方法 ホームページのチャットから、出展希望とご

Comments


bottom of page